逆援助で会った既婚者と貪るようなセックス

逆援助で会った既婚者と貪るようなセックス

自分は秋田市に住んでいる32歳です。人見知りしてしまうタイプで女性ともあまり付き合った経験がないのですが、そんな自分が良いと言ってくれる年上の女性と逆援助で会うことができました。相手は39歳の既婚者で、旦那さんとはセックスレスに陥っていることから逆援助で男性と会いたいと考えている人でした。彼女が求めていたのは誠実さでした。そのため、あまり女性に慣れてない自分が良かったようです。チャラチャラした相手だと不安を感じてしまうようで、自分の人見知りな性格が逆に好感だったみたいです。

彼女は既婚者ですから、この関係は秘密です。だからこそ、安心して会える相手が欲しいのはとてもよく理解できます。それに、こんな自分を気に入ってくれたので、即座に会うことを決めました。あとから暗いとか言われてしまうよりも安心感がありますし、そういう意味でも会いやすい相手でした。彼女とはその週末に1泊の予定で会ったのですが、そこらへんのラブホに行くのかと思いきや、彼女が温泉の宿泊予約をとってくれていたのです。ちょっと驚きでしたが、温泉で人妻と秘密の夜を過ごすというのは、自分的にはかなり興奮するシチュエーションでした。それぞれの部屋に個別の専用温泉がついている宿で、到着するなり早速、浴衣に着替えて混浴しました。

その日の待ち合わせはお昼前だったんですが、その3時間後には混浴していたので不思議な感じでしたが、彼女は39歳とあってスタイルも素晴らしかったです。胸はEカップで、まだ垂れておらず形は素晴らしかったです。さらに全身が細くて、華奢な体型が守ってあげたくなる感じで、そそられました。温泉の中で胸を触り始めると嫌がらずに受け入れてくれましたので、そのままキスをして、温泉の中でフェラ抜きをしてもらいました。既婚者の女性に昼間から温泉でフェラしてもらうなんていうシチュエーションに興奮しないはずがありません。女性慣れはしていない自分ですが興味がないわけではないので、これまでたくさんのエロ動画も見てきました。そんな動画の中にありそうな状況に興奮し、フェラではすぐさまイッてしまいました。彼女はそれを笑顔で飲んでくれました。

そのあとは部屋に戻ってまったりしながら、最初のセックスをしました。浴衣を少しはだけさせただけの状態でエッチし、途中からは彼女がMっぽかったので勢いで浴衣の帯で両手を縛ってみました。嫌がることはなかったので、おそらくMです。そのあとも言葉責めをして、旦那さんのことを言ったりしたら敬語で答えてきたので、これから調教とかしたら、どんどんM女になってくれそうな気がしました。そのあとは夕食を食べて、またエッチして、温泉に入ってエッチしてということを夜中の2時頃まで続けて、翌朝もごはんを食べたあとにエッチしました。

夜中のほうは記憶が曖昧になってしまうほどに何度もしていたので、正確じゃないかもしれませんが、おそらく最初のフェラから数えると6回は射精させてもらったと思います。それに、夜にエッチしているときには途中で旦那さんから電話がかかってきたので、そのときは自分的にはかなり盛り上がりました。旦那さんには友達との旅行と言っているとのことでしたから、特に問題はなかったのですが、電話をする彼女をイジめたい気分になって、浴衣の裾をめくって下半身を攻めました。電話中ということもあって、さすがに焦った顔をしていましたが、激しい抵抗もなかったのでそのまま責めまくりです。

途中から、自分的にはアダルトビデオのようなシチュエーションをどれだけ経験できるかを目標にしていたような部分もありましたので、こんな行為も経験できてラッキーでした。途中から指も入れてイジメてみたのですが、声を出すのを必死にこらえているのは最高の光景でした。電話中にフェラしてもらおうと思ったら、さすがにそれはバレると思ったのか逃げられてしまいましたが、とにかくこれまでに経験したことのない出来事のオンパレードで最高の温泉宿泊になりました。

帰りも手を繋いで帰り、デート気分も満喫できましたし、不倫カップルが温泉に行きたくなる気持ちもよくわかりました。温泉はお客さんに全く干渉してこないので、そういう面では便利な場所なんです。彼女とは今後も定期的に会っていくということで話し合いも終わっているので、お小遣いをもらいながらも最高の体を最高のシチュエーションで味わっていけそうです。

秋田県の逆援助情報はコチラ→